排水管の水漏れはいろんな原因がある

排水管の水漏れはいろんな原因がある 排水管の水漏れトラブルは、いろんな原因があって発生するものです。 排水管 水漏れの修理においても場所によって適切な対応は異なり、原因を究明するよりも定期的に点検をすることで解決できるトラブルもあります。臭いが気になる場合や水が染み出るなどの状況がひどいときには、早めに業者に相談をしないと大掛かりな工事が必要となります。日ごろ確認することが難しい場所なので、業者に点検や掃除をしてもらうことも必要なことです。
また、長く生活していると劣化していることに気がつかないこともあります。屋外の場合には、水が染み出ている形跡があるか確認することも非常に大切です。日ごろと異なる状況を見つけたら必ずすぐに対応をするようにしましょう。

■勾配の問題  

排水管は勾配が複数あるような設置の仕方をしていることもあります。勾配があると上手に排水をできるようになりますが、詰まりが生じて水が漏れてしまう原因にもなることがあります。大きなゴミなどになると、曲がり角で詰まることで逆流や水漏れの原因にもなってしまいます。そのためできるだけ勾配が少ない方が、水のトラブルを防げることに有効です。マイホームを購入した時に勾配があった場合でも、その後工事によりなくすことができる場合には、水のトラブルをなくすために工事を行うことも有効な方法として採用されています。水漏れなどのトラブルで排水管が原因のときには、勾配調整などの工事も行うべきです。

■トイレのトラブルとも関係がある  
トイレでは汚物やトイレットペーパーを流しますが、大量のトイレットペーパーをそのまま流してしまうこともあります。このようなイレギュラーな場合でも排水が上手に行われているとトラブルはあまり生じません。しかし排水管の大きさによっては、水漏れの原因にもなるトイレットペーパーの詰まりの問題が発生します。高圧水蒸気などの圧力で詰まりを解消することができれば、原因を解消することができます。埋設してある排水管を取り出して修理を行う方法もあります。大量のトイレットペーパーなどを流してしまったときには、排水管の点検を業者に依頼することで問題を早く解決できることになります。また、台所のゴミなども詰まることで水漏れの原因になるため、不必要なものは流さないように注意が必要です。

■劣化してしまうことが原因  

長く利用しているマイホームでは、これまで排水管の取り替え工事をしていないと、劣化により水漏れが発生することもあります。地中に埋設している場合には非常に大掛かりな工事を行うことになります。このような工事を行う必要が生じるのは、水が漏れだしていることに気がつかず生活していることも多いからです。異臭などがしない場合には気がつかずに生活していることがよくあるでしょう。取り替え工事を行わずに長く利用している場合には、定期点検や清掃を行うことでどのような状態になっているか確認してもらうことができます。また、地面が排水管と同じように、水漏れにより濡れている場合にはすぐにでも業者に連絡をして対応してもらう必要があります。場合によっては正しく排水ができずに、所有している土地に汚水が染み込んでいくことになります。

■まとめ  
排水管 水漏れのトラブルは、勾配などの曲がり角があると詰まりが生じることで、水漏れの原因にもなります。この場合には工事で勾配をなくす必要があります。水が漏れる原因としては詰まりを生じていることも挙げられます。流すことができないゴミや大量のトイレットペーパーは、注意しなければならないトラブルです。このようなゴミ等を流してしまったときには、業者に相談をすることも必要です。長く利用している場合、経年劣化が進んでいます。気がつかずに亀裂が入り、水が漏れていることもあるでしょう。点検をしてもらうことで内側を確認することができるので、長く生活している人は、定期的に点検を行うことが求められます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

コンテンツ

最新ニュース