コンテンツ

水漏れが原因の排水管の交換を行う

排水管が水漏れのトラブルになっていると簡単には解決しないものです。破損が原因の場合には交換しないと根本的な解決ができません。 詰まりなどが原因で水漏れが発生していると破損している場所を塞ぐ修理をしても、その部分の劣化や圧力により水漏れが再発する可能性があります。交換をして対応をしなければならないトラブルになります。

■交換工事が必要なトラブル  

排水管の水漏れで交換工事が必要なのは、破損が原因で水が漏れてしまうトラブルが一般的です。ゴミなどの詰まりでは交換工事をしなくても、塞いでいるゴミなどを取り除けば解決できることが多いです。しかし、排水管に穴が開いている場合や割れている場合は、取り替えなければ安心して利用することはできません。そこで交換工事を行うことが解決できる方法です。水道 修理とは異なり、大掛かりな工事を行うことで破損の排水管トラブルが解決します。埋設している場所によっては数日の時間が必要な工事です。

■地面から染みだしている水漏れ  

屋外の排水管の破損が原因で水漏れしていると、地面が濡れていることがあります。雨が続いていなくても同じ場所が濡れている場合には、水漏れを起こしている可能性があります。特に排水管の埋設している場所に該当しているときには、水が漏れている可能性が非常に高くなります。業者に連絡をして排水管の内部を確認してもらう作業を行い、地面の状況を確認してもらうことで水が漏れているか判断してもらうことができます。地面に染み出しているほどの状態になると水道 修理のように簡単に片付かないトラブルとなります。 汚水が漏れていることが確認できる場合は、臭いが気になることもあります。

■まとめ  
排水管の水漏れは状況により交換の工事が必要な大掛かりなトラブルになります。地面に埋設している場所になると、地面が濡れていることや臭いが気になることがあります。業者に依頼をして対応してもらうようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ