コンテンツ

定期点検で水漏れによる排水管の工事の時期を延ばす

水道 工事はトラブルの状況により簡単な工事もありますが、排水管の水漏れは管自体が埋設していることで大掛かりな工事に発展することがあります。排水管の水漏れトラブルでは、詰まりが発生して水漏れや破損のトラブルが起こると工事を行うことになります。

■工事が必要なトラブル  

排水管の水漏れのトラブルは、破損が生じたことにより割れていることや穴が開いていることで水が漏れてしまう原因となります。このまま放置しておくと地面に汚水が染み出すため、季節によっては臭いが気になることがあります。汚水枡を利用しているときは場所を利用するために駐車場の地中に設置したりコンクリートで補強した地中に設置したりします。この状態だと最初にコンクリートを壊す作業を行い、排水管の取り替えを行うことになります。そのため大掛かりな工事になってしまうので、日ごろから点検清掃を定期的に行う必要があります。

水道 工事でも大変なことがある  

排水管の水漏れのトラブルは取り替え工事を行うことになりますが、水道 工事でも同様の工事を行うことがあります。水道管の破損が生じているときには、埋設している水道管を掘り起こして取り替える作業も行います。同じような作業を行いますが、水道管は駐車場に埋設することも少なく作業しやすい場所に埋設されていることが特徴です。住宅によって異なりますが、排水管は異なる設置がされている場合が多くあります。埋設しているので掘り起こすことは大変な作業となります。そのため、見積もりをしっかり取っておくことが重要です。

■まとめ  
排水管の水のトラブルはゴミやトイレットペーパーを流すことによって発生した詰まりが原因となることもあり、破損することで水漏れの心配もあります。このようなトラブルが発生したら、業者に依頼をして工事を行う必要があります。居住年数の長いマイホームになると排水管の劣化も進んでいます。定期点検をすることも必要な対応になります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ